中距離恋愛物語

自己満ブログのはじまりです。23歳、寂しがりやの女が綴ります。どうぞよろしくお願いします

ヒカリノアトリエ

涙がこぼれた。

 

優しすぎる嘘

 

ほんとうに優しすぎる嘘って辛いんだ。嬉しいより辛い。

ありがとうより無理しないでいいよって言いたくなる。

 

このままでいいのかなぁ

自問自答の毎日。

 

これ読んでくれてる人っているのかな。
昨日はじめて書いて、1人の方が★?

押してくれてた。嬉しかったなぁ。

読んでくれてる人がひとりでもいたんだと思うと。

わたしの中の言葉を発信して、何かを感じてくれたってことだもん。それがどんな気持ちであっても、1人じゃないと思える気がする。

 

 

 

「雨上がりの空に七色の虹が架かる」

って そんなに単純じゃない

 

この夢想家でも
それくらい理解ってる

大量の防腐剤
心の中に忍ばせる

 

晴れた時ばっかじゃない
湿った日が続いても腐らぬように

たとえば100万回のうち
たった一度ある奇跡
下を向いてばかりいたら
見逃してしまうだろう

 

さあ
空に架かる虹を今日も信じ
歩き続けよう
優しすぎる嘘で涙を拭いたら
虹はもうそこにある

 

「一体何の意味がある?」
つい 損か得かで考えてる
でも 

たった一人でも笑ってくれるなら
それが宝物

誰の胸の中にだって薄暗い雲はある
その闇に飲まれぬように
今日をそっと照らしていこう

 

過去は消えず
未来は読めず
不安が付きまとう
だけど明日を変えていくんなら今
今だけがここにある

 

遥か遠く地平線の奥の方から
心地好い風がそのヒカリ運んで
僕らを包んでく

 

たとえば100万回のうち
たった一度ある奇跡
ただひたむきに前を見てたら
会えるかな

空に架かる虹を今日も信じ
歩き続けよう

優しすぎる嘘で涙を拭いたら

虹はほらそこに

 

過去は消えず
未来は読めず
不安が付きまとう
だけど明日を変えていくんなら今
今だけがここにある
きっと
虹はもうここにある

作詞:Kazutoshi Sakurai
作曲:Kazutoshi Sakurai